• マスクをかける女性
  • せきが出る女性
  • 寒気がする女性
鼻をかんでいる女性

風邪に似た症状で感染することのあるインフルエンザは、特に乾燥する季節となる冬場に多く、強い感染力によって多くの人が発症するおそれのある感染症です。
潜伏期間は1~3日ほど、ウイルスが活性化すると急に悪寒が走ったり、意識がはっきりとせず頭がぼんやりするなど体調不良が起こります。
最初期には38度以上の急激な発熱が起こり、倦怠感や食欲不振などの全身症状がはっきりとあらわれます。
その後に発熱による関節痛、筋肉痛などが起こり、咳や息をするのが苦しくなるなどの呼吸器症状を伴って体調が悪くなるのがインフルエンザです。
うがいや手洗い、マスクを着用するなどの予防をすることである程度防ぐことは可能ですが、完全に予防するということはできず、感染する可能性が少なからず存在するのがインフルエンザの怖いところと言えます。
インフルエンザそのものは、命に関わるほどの問題はなく、外出せずに大人しく寝ていることで自然治癒するものです。
特に体力のある成人であれば10日ほど寝ていることで回復し、すぐに元の生活に戻れるので問題になることはありません。
またインフルエンザにはタミフルが有効に作用するのでタミフルを飲めばすぐに熱が下がります。
しかし、体力や免疫力が低下した高齢者では、ウイルスが感染しやすくなると同時に、症状が重篤になりやすく二次感染が起こりやすくなります。
最も注意しなくてはいけないのが二次性細菌性肺炎で、インフルエンザそのものではなく、感染によって免疫力が低下した後に、他の細菌が感染することで肺炎が起こりやすくなります。
インフルエンザによって死亡するという問題は、この肺炎が最も多いので感染には注意しなくてはいけません。
また、インフルエンザを予防するのならリレンザという薬がおすすめです。
リレンザは通販でも購入できるので、リレンザの通販でまとめ買いする人もいます。
毎年シーズン時期になると売り切れてしまうようなので早めに準備をしておきましょう。

記事一覧
インフルエンザの潜伏期間と繁殖しやすい気温

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することで発症する病気です。潜伏期間とは、ウイルスが体内に侵入してからインフルエンザの症状を発症するまでの期間のことを言います。 ちなみに、ウイルスに感染したからと言って全ての人が症状を発症するわけではありません。 免疫力や体力がじゅうぶんにある人であれば、症状は出てこない、または出てきたとしても軽度で済むことも多いです。 さて、インフルエンザウイルスの潜伏期間ですが、長い場合はおよそ1週間程度かかる場合もあります。 しかし短い場合には1日、2日と言う場合もあります。ですがこの短い間に、凄まじいスピードで増殖していくのが特徴です。 飛沫感染や空気感染、接触感染と言った感染経路を経て体内へと侵入したウイルスは、気道や肺に付着して20分程度で細胞内に到着してしまいます。 その8時間後には100個、16時間後には1万個、24時間後には100万個までに増殖していると言うのですから驚きです。 だからこそ、インフルエンザは爆発的に流行してしまうのです。 そしてインフルエンザが流行するのは冬場であることが多いのですが、これにはその気温と湿度が関係しています。 冬場は気温が低く、そして空気は乾燥しています。実はインフルエンザウイルスは低温、低湿を非常に好みます。 これは低温、低湿であればあるほど、ウイルスが繁殖しやすいためです。 具体的には温度は20度前後で、それ以下であれば良く、更に湿度も20%前後を好むと言うことが、実験などによって明らかになっています。 冬場で20度前後と言うと温度としては高すぎるのではと思われるかもしれません。し かし室外は寒くても、室内は暖房などで

2019年10月04日
インフルエンザの人を看護するときの注意点

インフルエンザはウイルスによる感染症です。 1日か2日程度の潜伏期間を経て、高熱や倦怠感、関節痛が起こり日常生活を送るのが困難になります。 小さい子供が感染した場合は、インフルエンザ脳症を、高齢者の場合は、肺炎を起こす危険性があり、ウイルスが原因で命を落としてしまうこともあります。 ウイルスの感染力は強いので、感染している人が身近にいる場合、簡単に感染してしまう事があります。 周囲にインフルエンザ患者がいる時は、自らが感染しないよう対応をし、予防する必要があります。 インフルエンザ患者がいる場合、マスクを着用して看病するようにしましょう。 患者が使った食器は、他の人と分けるようにし、体や手を拭いたタオルの共有は控えるようにします。 患者がいる部屋の入り口に手指用のアルコール消毒薬を置いておくと便利です。 タミフルやリレンザ、イナビルといった抗インフルエンザ薬を使用している場合は、3日目ぐらいになると症状が改善し、患者自身がいろいろなことをできるようになります。 ですが、インフルエンザは3日目ぐらいから咳や鼻水といった症状が出てくるので、この時期は最も感染しやすくなります。 患者も他の人と触れ合う場合は、マスクを着用するようにしましょう。 抗インフルエンザ薬には、ウイルスを抑える働きはあっても殺菌する効果はありません。 軽くなったからといって、薬の服用をやめないようにしましょう。 患者が近くにいる場合は、自分も感染する可能性が高いです。 感染しないためにも日頃から免疫力を高めておくようにしましょう。 早寝早起きはもちろんの事、ストレスを溜めない、ゆっくりと湯船に浸かる 、暴飲暴食をしないといった事が大切です。

2019年08月30日
インフルエンザの解熱にはイブプロフェン系の薬

インフルエンザに感染すると初期症状として発熱が現れます。 この発熱は、悪寒を伴い、気分不良、関節痛、悪寒が現れたなと思ったら、熱が一気に、38℃を超えることもあります。 そして関節痛や発熱をきっかけに病院を訪れ、検査をしてインフルエンザということが分かるのです。 主な治療法には、抗インフルエンザウィルス薬の処方と内服を行い、インフルエンザの症状の改善を行います。また発熱があるとつらいですよね。 子供も大人も発熱があると、全身倦怠感が強くあまり活発に動くことが出来ません。また発熱により、食欲が低下して脱水になってしまうこともあります。 そのために、発熱に対して解熱剤が処方されることも多いです。 解熱剤といえばいろいろな種類があるのですが、インフルエンザに対してはアセトアミノフェンとイブプロフェン系の薬を出されることが一般的です。 アセトアミノフェン系といえば、カロナール、またアンヒバなどの薬がありますまたイブプロフェンは、ブルフェン、ユニプロンがありますね。 インフルエンザにかかると、第二次障害としてインフルエンザ脳症を発症することもあると言います。 このアミノフェンとイブプロフェン以外の薬はこのインフルエンザ脳症を起こす可能性が高いと言われています。 そのためにこの2つが推奨されているのです。 病院で処方をされる際には、熱が何度を超えたら内服をすることとか、一日何時間を開けて何回まで服用することなど細かく指導をされることでしょう。 その指導と処方内容を守って内服することが大切です。 特に小児の場合は、体の辛さを子駑馬で表現することが出来ないので、発熱の度合いで判断して規定量いないで内服をすることが大切です。

2019年08月10日
季節性インフルエンザと新型について

インフルエンザでよく知られる型はA、B、C型などと呼ばれる毎年流行る季節性のインフルエンザと、新しく発生した新型インフルエンザという型があります。 季節性インフルエンザは、毎年冬になると流行の兆しを見せます。 その症状は38℃以上の発熱、関節痛、頭痛などで、一般的によくみられるインフルエンザ症状です。 この季節性のものは時には、重症化して脳炎や肺炎を起こすほどのものもあります。 特に免疫力の弱い子供や老人が感染すると重症化することもあるので注意が必要です。 そのために、冬の流行シーズンが来る前に、予防注射を受ける人が増えています。 この予防注射を受けておくと、とても効果があり、もし感染をしたとしても、その症状を軽く抑えることが出来るのです。 一方で新しく発生したインフルエンザもあります。 これは新しいものなので、免疫を持っている人がおらず、一旦発生をしてしまうと、各地で爆発的に流行をしてしまうという可能性のあるものです。 免疫を持っていないということは誰が感染をしても重症化することもあり、時には命に危険が及ぶ場合もあるのです。そ のために、インフルエンザが流行し始めると、その方が何であるかを分析することが大切なのです。 症状は季節性のものとほぼ同様で、発熱や関節痛、頭痛などが見られます。 詳しいインフルエンザの方というのは、専門のところでないと分析はできません。 しかし新型が一旦発見されると、大きなニュースになり、その予防に注意を呼びかける喚起が増えてきます。 時期的に冬は注意をしなくてはいけませんが、発熱などがあれば、すぐに病院に行って診断を受けること、そして感染を広げないようにすることが大切なことです。

2019年07月22日