記事一覧
インフルエンザの解熱にはイブプロフェン系の薬

インフルエンザに感染すると初期症状として発熱が現れます。この発熱は、悪寒を伴い、気分不良、関節痛、悪寒が現れたなと思ったら、熱が一気に、38℃を超えることもあります。そして関節痛や発熱をきっかけに病院を訪れ、検査をしてインフルエンザということが分かるのです。主な治療法には、抗インフルエンザウィルス薬

2019年08月10日
季節性インフルエンザと新型について

インフルエンザでよく知られる型はA、B、C型などと呼ばれる毎年流行る季節性のインフルエンザと、新しく発生した新型インフルエンザという型があります。季節性インフルエンザは、毎年冬になると流行の兆しを見せます。その症状は38℃以上の発熱、関節痛、頭痛などで、一般的によくみられるインフルエンザ症状です。こ

2019年07月22日